So-net無料ブログ作成

すき家 ブラック バイト 国の対応も問題です! [すき家]

ゼンショー・小川賢太郎会長兼社長さん、牛丼すき家ブラックの写真、ご覧になっているのでしょうか?

恐らくすき家ブラック2chなどもう怖くて見れないでしょうね~

ブラック企業の温床でした!

早速ですが、すき家のブラックをまとめました。








従業員の生々しい声をお聞き下さい。

「居眠り運転で交通事故を3回起こした」

「20キロやせた」

「(体重が)20キロやせて親に会ったら、辞めてくれと懇願された」

「恒常的に月500時間以上の勤務だった

「24時間勤務が続いて頭が回らない」

「業務が多忙で2週間、家に帰れなかった

「3カ月に1度休みがあればいい方」

「高校生のアルバイトを午後10時以降も勤務させ、親から多数の苦情が寄せられた」

深夜に接客から清掃まで1人で勤務する「ワンオペ」

「一時的に深夜2人勤務になったが、すぐにワンオペに戻った」

社員の居眠り運転による事故は2012年度に少なくとも7件を確認

「居眠り運転で事故を3回起こした」

完全に「過労死ライン」を上回ってますよね!

ゼンショーホールディングスが第三者委員会(委員長:久保利英明弁護士)に労働環境についての調査と提言を依頼した結果が出ました!


第三者委員会・佐々木亮弁護士が語りました。

以下弁護士ドットコムからの抜粋です。


●「目を覆うばかりの労基法違反が蔓延している」 ――報告書の内容を読んだ感想を聞かせてください。 「目を覆うばかりの労基法違反が蔓延していることが明らかになりました。慢性的な長時間労働や、36協定違反、15分単位で労働時間を切り捨てる管理のずさんさなど、あげればキリがありません。まるで、労基法など『有って無いかの如く』のありさまです。 このような実態に対して、労基署から多くの是正勧告がなされていたことも明らかにされています。また、ゼンショー側が労基法違反となっていることを把握していたにもかかわらず、何ら改善を行わなかったことが、浮き彫りになっています。 このようなやり方で、ゼンショーが日本有数の大企業になったとすれば、その罪は途方もなく深いというべきでしょう。 これでは、『法律を守るほうが馬鹿を見る』という最悪の循環を生み出しかねません。いや、すでに最悪の循環を生み出していたからこそ、『ブラック企業』が社会問題になったといえます」

完全にブラック企業の裏付けがされましたよね

もう完全に犯罪事件ですよね

すき家の内部事情ごとき内容ではないですよ!

ここまで大がかりな犯罪が行われていた事実が発覚したにも関わらず

一体、国は何をしているんでしょうか!?

先日、餃子の王将が

昨年12月に京都下労働基準監督署(京都市)から指導を受けた記事がありましたが

すき家の場合はこれとは比になりませんよね!

本来は謝罪記者会見ですよね!


ゼンショー・小川賢太郎会長兼社長さんらはこの実態を知っていて

改善せず、さらに店を5000店舗にするなどといっているのです。

今後の国の対応に注目します!


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
%

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。