So-net無料ブログ作成
検索選択

田中将大 故障 復帰  PAPは大丈夫! [田中将大]

DL入り以来キャッチボールを始めましたよね

復帰もまじかですね

良かったです。



しかし、安心はしていられない状態ともいわれています。 

当初は大リーグでの登板間隔が短すぎ、故障の原因とも云われて

いましたが、アメリカでは日本在籍中に投げ過ぎという

ことも騒がれ、別の専門医や故障をした経験者はトミー・ジョン手術をするべきとも言われています。








PAP指数という指数があり、田中将大選手は今も危ない状態になっているそうです。

PAP(pitcher abuse point)とは米国の野球専門のシンクタンク「Baseball Prospectus」が考案した指標で、いわば「投手酷使指数」だそうです。


私自身も田中将大選手の姿が当分見られなくなるのは残念ですが、

今後のことを考えるとやはりトミー・ジョン手術をした方がいいのかとも思います。

というのは、米スポーツ専門テレビ局ESPNが、「今回の故障は日本時代からの投げすぎが原因」と指摘しているんです。

その根拠は「田中は日本で投げた昨季、『PAP』の数値が異常なほど高かった」といわれていることです。


先発投手が1試合で投げた投球数から100を引き、3乗した値を出す。

Ex. 120球⇒120-100=20 ⇒20×20×20=8000ポイント

この累計が10万ポイントを越えると故障の可能性が大になり

20万以上では故障水準を超すんだそうです。

いつ故障してもおかしくない状態ですね。

田中将大選手の場合

プロ野球なんでもランキング』(イースト・プレス刊)の著者で、プロ野球データに詳しいライターの広尾晃氏よると

「昨年の田中はレギュラーシーズン通算が21万4666、1試合平均が7667。ポストシーズンだけで通算24万3683、平均8万1228に達しました。合わせて45万8349。これはMLBの平均的先発投手の5年分の数値に相当します」

と言われています。


歴代の投手がやはり無理をして続投しますが、結果として病状を悪くさせ

成績を下げる。病状も悪化する。やむ負えず手術をする。

運が良ければ復帰出来ますが、ほとんどが復帰した後の人気が薄れてしまうことが

多いようです。これは世間の受け止め方が、記憶の中の成績が悪くなり、薄れて行ってしまうからです。

そして、復帰後も成績が悪くなったイメージが強いため、現役の選手と比べられ登板の機会

がなくなります。

やはり日本の国技である相撲と同じで、アメリカでは国技のようなスポーツです。

出来ればアメリカの選手を使いたい風潮はあります。

田中将大選手の場合、現在、かなりの人気があり、ファンが怪我のことを知っています。

そして早く復活して欲しいと思っています。

このイメージがあるうちに完璧に直し復活した方が、長い活躍ができるとも思います。

二度・三度のDL入りはやはり評判を落とすことになるでしょう!
田中将大選手!

いかがですか?











スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
%

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。