So-net無料ブログ作成
検索選択
松坂大輔 ブログトップ

松坂大輔 離婚!? 男は仕事と家庭は表裏一体!? [松坂大輔]

松坂選手!

お疲れ様です!


スポーツ専門局ESPN(電子版)は「ダイスケにとってこれが最後の先発になりそうだ」と報じたそうです。

今まで戦列を離れていたジョナサン・ニース投手が後半線の2カード目から復帰するらしい。

それで松坂選手が中継ぎに回る可能性が高いということだそうです。


松坂大輔選手は今期、開幕をマイナー3Aラスベガスで迎えています。


右ひじのトミー・ジョン手術を受けてから365日

悶々とした、1年間を送ったのでしょう!?

そしてやっと復帰できたのです!

「4月中旬にメジャーに昇格後は中継ぎと先発でフル回転。球団資料によると、今季9試合に先発し、17試合に救援登板した投手は大リーグで松坂だけ」という記事がありました。

しかし、それでも
コリンズ監督は今後の起用法について明言しなかったが、「どんな役割もいとわない。しっかりと準備をしてくれている」と評価。リリーフでは防御率2・22と好成績を残しており、ブルペンで貴重な存在となっていることも、配置転換を決める要因となりそうだ。」ということです。

松坂大輔選手の心中やいかに!

確かに自分の野球人生のため

また、当然、家族のため!

いろんな思いがありますよね!








松坂大輔選手は3人のお子さんがいるんですね~

奥様の柴田さん育児、大変でしょうね!

こんな中で離婚の噂があったようですね~


離婚の原因はどうやら奥様のブログにあったようですが・・・。


以下、奥様のブログです。

2012年の終わりに テーマ:育児ダイアリー (略) ずっとブログを更新しなかった期間 毎日余裕がなく、体力的に限界でした。 子供3人を寝かし終わると 次の日の学校の準備を済ませ、バタンキュー、 という日々で。 (中略) ただ、2年ほど前からほんの少しずつではありますが もしかしたらやめたほうがいいのかもしれない、 と漠然と考えるようにもなりました。 気持ちが行ったり来たりする中、 長い歳月を一緒に歩んできてくださったみなさんと これからも一緒に悩んだり喜んだりしていきたい という気持ちがとても大きくて なかなか自分にとって大切なものを捨てきれないんだと実感しました。 でも、 今年パパさんの最後の登板での表情をテレビで見て 気持ちがはっきりと決まりました。 正直、皆様とお別れするのはとても寂しいです。 でも、今は自分なりに前に進む時期でもあるのかな、と感じています。 私の勝手な判断です。楽しみにしてくださった方もいらした中、 本当にごめんなさい。 以上

これが離婚の原因だそうです。



この時期、レッドソックスの契約終了後には本拠地ボストンから離れなければならないということもあったそうです。

奥さんはボストンの学校に行かせたいと思っていたらしいです。

それで子供の教育が最優先で御主人の仕事先よりも子供の教育を優先し

松坂選手との亀裂が入り、離婚をほのめかすようになったそうですが、その証拠が奥様のブログの内容だそうなんですけど・・・



「今年パパさんの最後の登板での表情をテレビで見て
気持ちがはっきりと決まりました。
正直、皆様とお別れするのはとても寂しいです。
でも、今は自分なりに前に進む時期でもあるのかな、と感じています。
私の勝手な判断です。楽しみにしてくださった方もいらした中、
本当にごめんなさい。 」

ってところですが、これが何か!?
私は,奥様は奥様の望むボストンを離れても、松坂選手の行く先に行きます。ですから皆さんお世話になりました・・・

って読み取れますが!

現在、松坂選手は離婚もしておりません。

結局は松坂選手は単身赴任して、奥様はボストンで暮らしているようですが・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

松坂大輔 オープン戦 2014 投げっぷり見て下さい! [松坂大輔]

松坂大輔選手 開幕投手なれず!
いままで、トミー・ジョン手術という肘の手術をして1年かかって復帰している。
この手術からの復帰は順調にいき、他の選手だとナショナルズのストラスバーグは368日、
マーリンズのジョシュ・ジョンソンは343日だというから順調にいったのだろう。

松坂大輔選手も相当な思いでこの一年を過ごして来たのだろう!

手術の方法が違うと半年程遅くなるそうだ。

本来ならトリプルループという方法があるそうで、3重に巻き付けるもので強く、きつく巻くほど、リハビリには時間がかかるが、その反面、新しく作られた靭帯の強度は屈強になるらしい。しかし、腱を巻く際の強度も選手によって異なり、時間がかかるため松坂大輔選手の場合はダブルループという肘に移植した腱を2重に巻き付ける術法を選んだのだろう。

選手生命を考えればもちろん前者の手術の方が良かったのだろうが、当然、開幕戦を意識したうえでの判断だったと思う。

そうした中で、2014年のオープン戦では、6試合に先発出場し23回2/3を投げ、
防御率も3.04と安定したプレーで、松阪大輔選手自身も「しっかり腕が振れている」という言葉通り球速も150キロでる場面もあったし本人も満足だったに違いない。

しかし、 開幕投手にはなれず松坂大輔選手自身通訳を介して次のようなコメントもしていた。「マイナーに行く可能性があることをいつも念頭に置いていました」そして「この決定には、言うまでもなくショックです」と悔しさを滲ませたそうだ。

一方、開幕投手となった24歳右腕ヘンリー・メヒア投手は28日に行われたシンシナティ・レッズとのオープン戦で右前腕にピッチャー返しを受けて降板しており、現時点で4月4日のレッズ戦に登板できるかは不明となっているそうだ。

これに対してメッツのサンディ・アルダーソンGMは、メヒアの回復が間に合わなければ、松坂を先発ローテに加える可能性があることを示唆。また、テリー・コリンズ監督は、「松坂が怒りを感じて当然だ。むしろそういった気持ちになった方がいい。これは間違った決断だと思っていることだろう」とコメント。そして、「彼にはこの数日で何が起こるかっわからないから、準備は整えておいてくれ」と伝えたことを明かしたそうだ。

イチロー選手の件にしろ、一体メジャーの監督連中達は何を考えているのだろう!?

松坂選手のオープン戦の動画を見て下さい!
youtubeより

松坂選手頑張って下さい!

道は必ず開ける!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
松坂大輔 ブログトップ
%

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。